オオコウモリの食べ物 What they eat

オオコウモリは、すべて植物食です。果実、花蜜、花粉、葉などを食べています。日本のオオコウモリは頭蓋骨ががっちりしていて、基本的に果実食ですが、蜜を出す花があれば、舐めに来ます。その時に花粉媒介もするでしょう。

All fruitbats feed on plant. They eat fruit, nectar, pollen and leaves. Japanese flying foxes have strong jaws and massive cranium which means basically they feed on fruit but when there are blooming flower available they come to lick nectar and may pollinate plants.

日本のオオコウモリの食べ物 Japanese fruit bat

クビワオオコウモリ Ryukyu Flying Foxes Pteropus dasymullus

モモタマナ(別名コバテイシ) Tropical almond Terminalia catappa

The tree shape is distinguished by verticillate branchs. The large leaves of longer than 20cm turn red which are uncommon in tropics. They bear rugby ball shape fruit of 5cm in the major axis from winter to early spring which are fruit bats' special favarite. We sometimes see them carring the fruit so they help disperse them. 枝が輪生状に出て、20cm以上になる大きな葉が、熱帯にはめずらしく紅葉します。冬から春にかけて扁楕円形で長さ5cmくらいの果実をつけ、これがオオコウモリの好物です。くわえて飛んでいく姿も見られるので、種子散布の役に立っているのでしょう。

トックリキワタ Floss Silk Tree or Drunken-Tree (Chorisia speciosa)

Used as trees lining a street in Okinawa. Bloom in December and January. Their nectar attract White-eyes and Bulbuls during day and flying foxes at night. Occasionally flying foxes leave pellet which imply some of them feed on petals. A close-up photography shows their nostrils are covered with pollens. 沖縄では街路樹としてよく見かけ、12月から1月に花を咲かせる。花蜜を舐めに昼間はメジロやヒヨドリが、夜はオオコウモリがやってくる。ペリットも多少あるので、花びらを食べる個体もいるようだ。写真をとってみたら、花粉も舐めていた。

アコウJapanese Sea Fig Ficus superba
Large evergreen tree which produce many 1cm long fruit with tiny seeds within. Seeds are excreted in bats' feces. Fruitbats disperse seeds. 常緑の高木で、約1cmほどの果嚢の中に小さな種があります。種はペリットや糞の中に排出されるので、種子散布に一役かっているのだろう

フクギ Common Garcinia Garcinia subelliptica  
Native to Phillippine. Used lining a street and put a hedge around a house. Belong to same genus as a mangosteen. Bear orange-collour fruit in summer which flying foxes feed on.フィリピン原産だが沖縄では街路樹や生垣としてよく見られる。果物の女王マンゴスチンも同じGarcinia属である。夏にみのるオレンジ色の実をオオコウモリが食べる。

バンジロウ(グアバ) Common Guava Psidium guajava L.
Often seen in gardens. Fruit is flying foxes indulge in sweet fruit.那覇の住宅地にけっこう植えてある。

ソシンカ(ヨウテイボク)ジャケツイバラ科バウヒニア属(ハカマカズラ属)、またはマメ科 Orchid tree of Camel's Foot Tree  Bauhinia 
Introduced from Asian countries and planted in gardens and parks. They produce pod like string beans after pink flowers. A fruitbat ate the leaves at a temple next to Nago city office with a popping sound when it pick firmly grown leaves. It insinuate it is not an everybat's taste. 庭や公園に植えられてます。ピンクの花が咲いた後サヤインゲンのような莢ができます。
名護市役所のお隣にある千眼寺の入り口の大木で、葉を食べるのを見たことがあるのですが、ブチッと音を立てて力を入れてかみ切っていました。翌朝手でちぎってみたのですが、結構かたかったです。

ホルトノキ ホルトノキ科 ホルトノキ属 Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus
Evergreen tree grow on southern coast of Japan wihc is 10-15m in height. Old leaves turn into red. Bloom in summer and bear olive-like fruit. Fruit bats eat black ripen fruits in December 樹高10−15m、千葉県以西の本州、四国、九州、沖縄の沿岸域に分布する常緑高木。古い葉は赤く紅葉する。夏に花を咲かせ、オリーブに似た濃い緑色の実がなり、12月頃、黒紫色に熟すとオオコウモリが食べる。

アカギ トウダイグサ科 Bischofia javanica
Evergreen tree of up to 20m. Bear a lot of dull orange colour fruit. They turn the bats' feces and pellets into orange. Native in Okinawa but introduced in the Ogasawara Islands. 20mほどになる常緑高木で、くすんだオレンジ色の実をたくさんつける。食べたオオコウモリの糞やペリットもオレンジ色になる。沖縄では自生であるが、小笠原では移入された外来種である。

テリハボク オトギリソウ科 テリハボク属 Calophyllum inophyllum
Grown on the Ryukyu Islands and more southern coast. Used shelter belt on the coast and put a hedge around a house. Produce green round fruit of 2cm in diameter which turn into brown when riped. 琉球列島以南の熱帯地方の海岸に生える高木で、防風林や街路樹として植えられる。実は緑色で熟すと茶色くなる。直径2cmでまん丸

オガサワラオオコウモリ Bonin Fling Fox Pteropus pselaphon

ヤシ科 Palms Arecaceae
Many species of palms are planted in the garden of the Subtropical Agriculture Centre and so on. Flying foxes chew these tough fibrous leaves. 亜熱帯農業センター等には、さまざまな種類のヤシが植えられており、このヤシの葉を食べたペリットをよく見かける。

タコノキ  タコノキ科 Pandanus boninensis
Endemic evergreen tree which grows up to 10m on the Ogasawara Islands and resembles screwpine in Okinawa. Japanese common name means Octpus Tree as it has Octpus-like aerial prop roots. The female plants produce fruits resembling pineapples changing from brown to bright orange when ripe. The sweet fruit scents attract not only flying foxes but also black rats, moth and fruit flies. 沖縄のアダンと似た木で、小笠原の海べに生える樹高10mほどの常緑高木。幹のまわりの気根がタコのように見える。数十個の果実が固まったパイナップルのような集合果をつけ、熟すとオレンジ色になり果物の強い香りが広がり、オオコウモリの他、クマネズミ、ガ、ショウジョウバエなども惹きつける。

アオノリュウゼツラン リュウゼツラン科 リュウゼツラン属 Agave americana
Introduced in 1879 for producing fiber. Seven to eight years after germination, it grows a flower stalk and bloom tubal which produce quite amont of nectar then after fructification the plant die. 明治12年に繊維材料として輸入された。発芽後7−8年で花茎をのばして管状の花をつけ、花後結実した株は枯死する。

サイザルアサ リュウゼツラン科 リュウゼツラン属 Agave sisalana
繊維をとる目的で明治41年に父島に輸入され、特に中硫黄島において栽培された。植栽後7−8年で花茎をのばし開花する。開花した株は枯死する。まれにしか結実しない。