トックリキワタ Floss Silk Tree or Drunken-Tree (Chorisia speciosa)

沖縄では街路樹としてよく見かけます。花期は12月から1月

花びらの奥はほんのり甘く、花蜜を舐めに昼間はメジロやヒヨドリが、夜はオオコウモリがやってきます。

花びらを食べる個体もあるようで、特定の木の下にはペリットが落ちてます。


トックリキワタの胴体 名前の由来がわかりますトックリという名は、幹の形を見れば納得いくと思います。狭い歩道に植えてあると通行の邪魔になることもあります。若いときはこんなに膨れてないけど、幹に棘がある品種もあるようです。


トックリキワタの実キワタというのは、このような実の中に、パンヤ状のものが入っているからだそうです。

トックリキワタの花花びらを食べたと思われるペリット左:トックリキワタの花。右:オオコウモリのペリット。ペリットは細かく柔らかい繊維で占められていました。

オオコウモリの食べ物一覧へ戻る