サイチョウ

テラスに突然やってきたサイチョウ 買ってきた食料をホテルのテラスで食べていたら、突然大きな羽音と共にやってきたのは、体長90cm近くはあろうかというパプアシバコブサイチョウだ。野生のものかもしれないが、餌付いているようだ。大きなくちばしで「餌をくれ」といわんばかりの様子は迫力があるので、食べ物を持って室内に入る。未練がましく部屋の中をしばらくのぞき込んではガラスをつついたり、テラスに置いてあるベンケイソウの鉢植えをつついたりしている。

 あとでテラスのテーブルを見たら、魚のかけらや机についた油に小さな蟻がびっしりたかっていて、夕方までにあらかた片づけてしまった。お昼をいっぱい食べ残してしまったので、室内のゴミ箱にも蟻の行列ができた。さすが熱帯の蟻は勤勉だ。そういえばマーケットの食べ物に蟻がもっとたからないのが不思議。買ってきたパイナップルにはしっかり何匹か蟻がくっついていたが。

前のページへ次のページへ

パプアニューギニア紀行の目次へ