7 光るキノコ

 ちゃんと走る車にかえてもらって、夜の観察に出かける。

 大東神社では、ダイトウコノハズクが鳴いている。サガリバナがたくさん花をつけている。香りが強い。フラワーバットがいないのが残念だ。雄しべが先に延びて次にピンクの雌しべが延び、朝になると雄しべが落ちてしまうようだ。サガリバナにはフラワーバットが似合うのだが、日本にいないのが残念だ。もっともサガリバナも移入種だが。

 別の林へ行く。林床でヤシの葉の落ち葉が、暗闇にボーっと光っている。ヤコウタケのような明るさはなく、そのつもりになってみると確かに葉全体がかすかな蛍光で浮かび上がって見えるという程度のほのかな明るさだ。懐中電灯をつけると、白い小さなキノコ(たぶん)が葉全体に生えているのが見えた。

 オオコウモリは何カ所かで数頭ずつ見かけた。

前のページへ / 次のページへ

 南大東島の近況 目次へ戻る

世界オオコウモリ旅行の目次へ戻る