8 朝のオオコウモリ

南大東郵便局の前のポスト 朝、7時23分。集落の近くの池の上をオオコウモリが飛ぶ。このあたりにねぐらがあるようだ。

 8時30分、気象台からゾンデが上がった。

 そういえば南大東には風力発電の風車ができたのだが、なぜか止まっていて、滞在中回っているのを見なかった。

 新空港へ寄って売店を覗く。あまり出来の良くないオオコウモリぬいぐるみと、翼の前縁に指が三本あるコウモリグッズがいくつかあった。大沢商会特製(ん?)オオコウモリTシャツもある。レンタカー屋のサービス地図に飛んでいるオオコウモリはかわいかった。

 この島はいつも建設ラッシュで次から次へと新しい建物を建てているのだが、移築した新しい郵便局の前のポストをふと見たら、なんとポストの上にオオコウモリの模型がケースに入って飾られていた。さすがオオコウモリの島

 お昼過ぎに宿に戻ると、部屋の掃除がしてあり、窓とドアが開け放たれて布団が畳み直されていて、寝間着もなくなっていた。いつの間にか旅館なみのサービスをするようになったのだ。いやVIPルームもあるホテルなのだから当然かもしれないけど、私の中のイメージは、仕事の人が泊まる安宿なもので・・・ 

前のページへ / 次のページへ

 南大東島の近況 目次へ戻る

世界オオコウモリ旅行の目次へ戻る